歯科衛生士のサイト

歯科衛生士として働いているときのあるある

歯科衛生士として働いているとあるあるということがよくあります。まずは歯医者に行くのは歯が痛くなってからという人が多いことです。病院はすぐいくのに歯は痛くなってきてから歯科医院に来て、手遅れで神経を抜かなくてはならなくなったらあそこはやぶ医者だからという人がいます。他の歯科衛生士あるあるはいまだに歯科助手とのちがいがわかっていない人が多いことです。歯科衛生士は国家資格で今現在3年間の学校教育を受けたのちに国家試験に合格した人だけがなれるのですが、全く認知されていない人もいるのです。歯医者の女の人や、助手さんなど言われることはあるあるでしょう。歯科衛生士という仕事にプライドを持って働いていますので、一日でも早くひとりでも多くの人が歯に興味を持って治療よりも予防に力を入れるような世の中を希望しているのです。定期的な検診は虫歯や歯周病の早期発見することもできますのでとても良いことです。歯は一度悪くなってしまうと治ることはありませんので定期的に検診をうけましょう。



歯科衛生士の給与と環境に関する傾向

女性が多い印象の歯科衛生士は、給与事情がその傾向を強め、今後も継続する可能性が高いと判断出来ます。特に若い女性が目立つ歯科衛生士の現場は、平均年収の金額が目立ちますが、月収に換算しても少な目ですし、ボーナスを含め低さが特徴といえます。つまり、金額が重要な男性は、給与の面から歯科衛生士を選ぶケースが少なく、必然的に女性が増加すると考えられます。仕事量から見ても、給与の増加率は低めで、比較的女性に適していますから、男性は他の職業を選ぶ傾向だと分かります。また、勤続年数が10年に満たない点からも、歯科衛生士で生活を安定化させる事は難しく、長く続けられない職業の一つです。需要は常に存在する歯科衛生士ですから、条件を緩めれば仕事は見つけられますし、継続で収入が増やせる可能性はあるので、継続する意思を持ち魅力を感じている場合は、収入を得る手段として選べます。社会的に役立つ職業に間違いはなく、技術が求められますから、一定の専門性で収入が得られる仕事です。看護師 バイトなども結構人気の職業ですね。



歯科衛生士は採用されやすい資格

歯科衛生士はほとんどが女性の職業です。それ故に、歯科医院は「寿退社」での人材流出にいつも頭を悩まされます。さらに、求人募集をしてもほとんど反応がありません。新卒者は、就職したら長く続けるか歯科衛生士自体を辞めるのが多いです。また、寿退社後は子供ができたり旦那さんの仕事の関係で転勤があったりと、仕事自体から離れることが多いです。歯科衛生士としてまた働き始めるのは、子供が大きくなってからになるでしょう。資格を保有する人は毎年増えているのに常に人材不足に悩まされるのはこういう原因があります。しかしながら、子供が大きくなってから働こうと思った時、有利になる職業でもあります。人材不足の業界ですので、資格さえあれば採用される可能性は高いのが利点です。さらに、多くのクリニックが日・祝日休みの上、平日も夕方には退社でき、土曜と平日1日程度は半日で終わることも多い職場です。取得しておいて損は無い資格のひとつと言えるでしょう。



歯科衛生士になるには専門学校などで学ぶことが必要

歯科医が行う治療の補助を行ったり、歯科医の指示のもと、患者さんにむし歯や歯周病の予防措置を施したりするのが歯科衛生士の仕事です。歯磨きの正しい方法などの保健指導も行います。就職率は高く、収入も安定していますし、実務経験を5年積めばケアマネージャー(介護支援専門員)の受験資格が得られることもあって、非常に人気が高い仕事です。歯科衛生士として働くためには国家試験に合格する必要があります。そして国家試験の受験資格を得るためには、歯科衛生士の専門学校を卒業するか、歯科衛生士養成過程のある短期大学や大学で必要な単位を取得しなければなりません。結婚や出産などライフステージの変化が激しい女性には特に適した仕事でもあるため、専門学校では大勢の女性が国家資格の取得に向けて学んでいます。似た仕事で歯科助手があり、こちらは特に資格が必要ではなく独学でも可能ですが、歯科衛生士を目指す場合は必ず専門学校などで学ばなければなりません。



歯科衛生士の仕事内容について

歯科衛生士の仕事内容ですが、歯科医師の指導のもとで、診療の補助であったり、予防処置などを行います。保健指導なども行いますし、歯科医療の全般をサポートする仕事をなっています。ハブラシの正しい使い方の指導も行いますし、患者さんの歯石や歯垢の除去なども行うのです。歯の治療を行うための治療器具の準備や消毒をするのも、歯科衛生士の大切な仕事内容の一つになります。歯科衛生士になるためには、国家資格を取得することが必要になってきます。歯科助手と混同されがちですが、仕事内容も違いますし、歯科助手は資格が不要です。歯石とりであったり、口腔ケアをすることはできません。歯科衛生士は、病理学であったり解剖学、医学の基礎知識もつけることが必要になってきます。歯科衛生士は、歯医者で働いている人も多いですし、そのほかには、総合病院の歯科であったり、地域の保健センターであったり、保健相談所や特別養護老人ホームなどで働いている人もいます。